鹿児島あおぞら🍀弁護士ブログ

弁護士法人鹿児島あおぞら法律事務所の代表弁護士、犬童正樹のブログです。法律ネタ、バイク(W650)や自転車(MR4r)ネタなど。無料相談予約はTEL099-295-6665またはaozoralaw@outlook.jpまで

京都旅行2014

出張で関西へ。

京都の東山近辺を早歩きしました。

まずは南禅寺。

4年ぶりの来訪です。
石川五右衛門でお馴染みの山門。




緑がまぶしい。


山門をくぐります。


紅葉の季節はこんな感じ。





次に、南禅寺近くのインクライン。
高低差のある水路間で船を輸送するための鉄道のことです。




両側は桜並木のようです。4月に来てみたい。


なかなかの傾斜。


蹴上駅からは、インクラインの下をくぐって南禅寺に向かう。

 

南禅寺から永観堂を経由し、哲学の道へ。


哲学の道の起点から、川沿いの石畳の道と舗装路に分かれます。
柵はないため、ほろ酔いで歩くと危ないかも。


川を渡って甘味処に続く橋。

ダイエット中なので我慢です。


控えめに咲く道端の花。


猫も思索にふけって散歩中。


川の水は澄んでおり、魚もいました。


来た道を振り返る。



紅葉時期はこのとおり。

 

次は、法然院。

個人的に、京都で一番好きな寺です。

藁葺の屋根の門の向こうに、明るい光に照らされた木々が見えます。


問の手前は木々が茂っているので暗く、門の先は明るく開けています。
これによって、後光が差しているかのような神秘的な写真になりました。


門の枠が額縁のようで、絵画を見ているようです。


門をくぐると、両側に白い盛り砂があります。

水を表わす砂壇の間を通ることは、心身を清めて浄域に入ることを意味しているそうです。


紅葉時期はこのとおり。思わずため息が出る美しさでした。




舞妓(芸妓?)さんが入ることでさらに華やかな画に。


 

法然院に近い真如堂へ。


比較的地味な感じだけど、静かでいいところです。






今回は時間がなくてこのくらいしかまわれませんでした。
ちなみに、4年前の紅葉時期は竜安寺や仁和寺なども巡りました。

竜安寺境内の紅葉。








仁和寺。




西本願寺のイチョウ。