鹿児島あおぞら🍀弁護士ブログ

弁護士法人鹿児島あおぞら法律事務所の代表弁護士、犬童正樹のブログです。法律ネタ、バイク(W650)や自転車(MR4r)ネタなど。無料相談予約はTEL099-295-6665またはaozoralaw@outlook.jpまで

ギャンブル・浪費で破産できる?

ギャンブルや浪費がある人は破産免責(債務の全額免除)されるのでしょうか?

鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士がわかりやすく解説します。

 

f:id:kagoshimabengoshi:20190124104358j:plain

 

破産とは、今の収入や資産では債務を払えないことを裁判所が認める手続きです。

 

免責とは、債務の支払義務を裁判所に免除してもらう手続きで、破産手続後に裁判所が判断します。

 

個人が破産をする場合、免責をしてもらうことが1番の目的です。

免責してもらえれば、債権者の請求はなくなります。

 

免責は、すべての債務を対象に、免責するかしないかを判断します。

特定の債務だけ免責されたり、されなかったりするわけではありません(非免責債権などはまた別のお話。)

 

免責については、免責不許可事由というものが破産法にいくつか定められています。

債権者の利益を著しく害する悪質性の高いものは原則として免責を許可しないこととし、これに該当するものをあらかじめ法律で定めています。

そして、ギャンブルや浪費は免責不許可事由の一つに該当します。

 

では、ギャンブルや浪費があれば、常に免責されないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

破産法には、裁量免責という制度があります。

 

つまり、免責不許可事由がある場合でも、その他の事情を踏まえて裁判所が裁量(自由な判断)により免責するかどうかを個別具体的に決めることになります。

 

その他の事情とは、例えば、ギャンブルや浪費による借入金の割合や金額、本人の反省の有無、今後の収支がきちんと計画できているか、破産手続きに協力的だったか等です。

 

裁量免責の制度は、免責不許可事由に該当しても裁量により免責してあげる制度ですので、破産者を救済する意味合いが強く、過去のことよりも今後のことを重視する傾向があります。

 

ギャンブルや浪費による借金の割合が50%以上であっても、その他の事情から裁量免責が認められたケースが多々あります。

あきらめずに、弁護士にご相談ください。

 

弁護士に相談すれば、免責が認められるか否かのおおよその判断ができますので、迷っている方はお気軽にご相談ください。

 

仮に免責が認められない可能性が高い場合でも、個人再生など他の手続きによる救済もあります。

債務整理の専門家である弁護士が丁寧に説明いたします。

 

鹿児島あおぞら法律事務所では、借金問題(債務整理・破産・個人再生)のご相談は無料です。

完全予約制、秘密厳守ですのでお気軽にご相談ください。