鹿児島あおぞら🍀弁護士ブログ

鹿児島あおぞら法律事務所の代表弁護士、犬童正樹のブログです。法律ネタ、バイク(W650)や自転車(MR4r)ネタなど。無料相談予約はTEL099-295-6665またはaozoralaw@outlook.jpまで

交通事故で初めにすること

「交通事故にあった場合に,どうすれば損をしないか?」についてお話しします。

 

f:id:kagoshimabengoshi:20190124102845j:plain

あなたが不運にも交通事故にあってしまった場合,どう行動しますか?


「警察や保険会社に連絡する」,「ケガをしていれば病院に行く。」などはすぐに思いつきますよね。

 

もちろんそれらの大事ですが,同じくらい大切なことは,
事故後,できるだけ早く弁護士に相談する
ということです。

 

「弁護士に相談するのは,相手の保険会社と損害賠償(保険金)の金額でもめた時じゃないの??」と
疑問に思う方がいるかもしれません。

 

たしかに,弁護士は依頼者の代理人としてより多くの保険金を勝ち取るために行動します。
また,弁護士によっては,「保険会社から金額の提示があってから相談に来て下さい。」という人もいます。

 

しかし,それでは遅いのです!


なぜなら,通院回数や頻度があまりに少ない場合や,最初に訴えていたのとは異なる傷害内容を後から主張した場合などは,事故との因果関係(つながり)がないと判断されてしまい,損害が認められないことがあるのです。


また,傷害慰謝料は、入通院日数や頻度によって金額の相場があります。
ですから,入通院日数や頻度が少なかったり,診断書に書かれた傷害内容が矛盾していたりすると,取り返しがつきません。

 

また、「家から近いから」と言って、安易に整骨院での治療に切り替えると、治療費や慰謝料が減額される可能性があります。

 

そこで,事故直後の早い段階で弁護士に相談し,今どういった症状があるのか,どのような事故状況だったのかを聞いてもらい,どういった流れで損害賠償の手続きが進むのか,どのくらいの頻度で治療にいくべきか,治療の打ち切りを保険会社から示唆された場合どうすべきかなどについて具体的なアドバイスをもらう必要があるのです。

 

できるだけ早く弁護士に相談することで,「事故後どういう行動をとるべきか(または,とるべきではないか)」がわかり,不安な気持ちがやわらぎます。


また,損害賠償(保険金)の金額で保険会社ともめたときも,事前に相談を受けていれば弁護士としても状況がすでにわかっているので,スムーズに対応でき,保険会社との交渉に入ることができます。このことは事件が早期に解決することを意味するので,相談者の方にとってもよい効果だと言えます。

 

他の多くの弁護士事務所とちがい,
鹿児島あおぞら法律事務所は初回相談は無料です。
夜間や土日休日での相談にも対応しています(事前予約が必要です)。どんな小さなことでも,お気軽にご相談ください。


鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士は,交通事故についての専門的知識と豊富な経験を有しています。

交通事故についてもっと詳しく知りたい方は,是非,鹿児島あおぞら法律事務所のホームページをご覧ください。