鹿児島あおぞら🍀弁護士ブログ

鹿児島あおぞら法律事務所の代表弁護士、犬童正樹のブログです。法律ネタ、バイク(W650)や自転車(MR4r)ネタなど。無料相談予約はTEL099-295-6665またはaozoralaw@outlook.jpまで

借金問題で「絶対にしてはいけない」こと まとめ

「絶対にしてはいけない」シリーズ。

今回は借金問題(債務整理)についてです。

鹿児島あおぞら法律事務所の弁護士が解説します。

 

f:id:kagoshimabengoshi:20190313164218j:plain

 

1 長期間経った借金は払ってはいけない

 

最後の支払いから数年経って、ある日突然債権者から連絡が来ることがあります。

「大幅に減額するから払って欲しい」、「千円でもいいから払って欲しい」と言われることもあります。

 

しかし、こう言われた場合、注意してください!

消滅時効により、借金を払う必要はないかもしれません。

 

つまり、サラ金会社からの借り入れは5年の消滅時効期間を過ぎると、時効を援用することで支払わなくてよくなります。

5年の消滅時効期間は「最後に返済したとき」からスタートします

 

最後に返済したのがいつなのかわからなければ、サラ金会社と連絡、接触をせず、その時点ですぐに弁護士に相談するべきです。

 

また、消滅時効はきちんと援用(主張)しなければ債務消滅の効果は生じません。

そして、時効期間が経過していても、援用する前に一部返済してしまうと、信義則上、消滅時効が主張できない場合があります。

 

 

2 時効期間経過後に支払ってもあきらめてはいけない

 

 仮に、時効期間が過ぎた後に払ったとしても、消滅時効を主張できることがあります。

先ほど説明したとおり、消滅時効期間が過ぎ、援用する前に返済すると、信義則上消滅時効を主張できないことがあるという裁判所の判断がありますが、信義則に違反するかどうかは、当事者間の公平という観点から決めます。

もともと情報格差のある債権者(金融機関やサラ金)と債務者(一般人)では、債務者が一部返済しても信義則違反にならない=消滅時効を主張できることがあります。

 

f:id:kagoshimabengoshi:20190313170306j:plain

 

3 裁判所からの連絡を無視してはいけない

 

裁判所から連絡がある場合、書面での連絡が原則です。

支払督促か、訴訟の書面であることがほとんどです。

どちらの手続きの場合でも、放置すると、相手の言い分どおりに裁判所が判断をします。

放置して、裁判が確定すれば、再度の時効期間が経過しない限り、時効の主張もできません。

  

4 返済のために新たな借り入れをしてはいけない

 

借り入れの理由は、はじめは生活費や遊興費であるのが通常です。

しかしそのうち返済ができなくなり、返済するために他のところから借り入れをする場合があります。

こうなったらもう自力で生活を立て直すことは不可能です。

というのも、借り入れには利息や遅延損害金が必ずついてくるからです。

 

 

返済ができなくなり他から借りるしかないという状況になったら、すぐに弁護士に相談してください。

その時点であれば、自己破産や個人再生をしなくても、任意整理(分割支払の交渉)で毎月の支払額の減額や将来利息のカットができる可能性が高いからです。

 

f:id:kagoshimabengoshi:20190313170432j:plain

 

 

5 生活ギリギリになるまで返済を頑張ってはいけない

 

借りたものは返す。

もちろん、できるならそうすべきでしょう。

しかし、自分や家族の生活・健康を害してまで返す必要はないと思います。

 

破産や個人再生は、経済的再出発のために国が認めた制度なのです。

 

正常な判断ができなくなる前に、早めに弁護士にご相談ください。

鹿児島あおぞら法律事務所は、借金問題(債務整理)の相談は無料です。

 

鹿児島あおぞら法律事務所のホームページはこちら