鹿児島あおぞら🍀弁護士ブログ

鹿児島あおぞら法律事務所の代表弁護士、犬童正樹のブログです。法律ネタ、バイク(W650)や自転車(MR4r)ネタなど。無料相談予約はTEL099-295-6665またはaozoralaw@outlook.jpまで

佐多岬バイクツーリング🏍2008


バイクで、本土最南端の佐多岬を目指すことにしました。
行きは桜島フェリーで桜島の南側を抜けて海沿いに。
帰りは垂水まで戻り、南海郵船(垂水フェリー)で鴨池に渡ります。

写真は桜島フェリー。250のバイクは運転手込みで460円。
所要時間は15分。車もバイクもそのまま船に入場。
行きも帰りも、料金は桜島で支払います。

 


実はバイクでフェリーに乗るのは初めて。

 


桜島の溶岩道路。

フェリーの料金所を出て道なりに行くと、緩やかな直線の登り道。
進行方向の右には錦江湾と鹿児島市内の町並みが。

 


桜島がさらに間近に。
最近活動が活発化しているらしい。

 


溶岩流等がスムーズに海に流れ込む為の水路。

 


桜島を抜けて、ひたすら海沿いを走ります。
ツーリングしているバイクを何台か見ました。
北海道以外では初めて、対向のバイクからピースされます。
交通量が少ないので夏の北海道に来ているような錯覚に陥りました。

 


北緯31度線の看板を発見。
今は通行無料となった佐多岬ロードパークにあります。

北海道は稚内に向かう道道106号線には北緯45度のモニュメントがありました。

 


佐多岬ロードパーク終点の駐車場からは、トンネルを抜けて岬まで徒歩。
ここは入場料として300円が必要です。

 


アップダウンが激しい山道。
意外と人が多い。今日が快晴だからでしょうか。

 


灯台がありました。

屋久島までは40キロなので、肉眼でもぼんやり確認できます。
海は意外と透明度が高い。

 


先ほどのモニュメントとは逆方向、西側を向くと錦江湾をはさんで開聞岳が見えます。
見事な正三角形。

 


2700キロだそうです。